本文へ移動

定期報告 カンタン説明書

定期報告 カンタン説明書

定期報告は何年毎に受ける?

2020-05-27
定期報告の報告時期
定期報告は大きく分けて3つあります。
●特定建築物 3年毎
●建築設備 1年毎
●防火設備 1年毎
 
このうち、建築設備と防火設備は1年毎ですが、特定建築物だけは3年毎に受けることになっています。
 
そして特定建築物の中でも建物の用途別に報告する時期が決められています。
 
例えば、今年の令和2年は
病院や診療所、児童福祉施設などや、百貨店、飲食店、カフェ、ナイトクラブ、遊技場、公衆浴場、寄宿舎 
などが対象ですが、来年の令和3年は
共同住宅が対象、また学校や映画館、博物館などは令和4年が対象となっています。
 
くわしくはこちら
 
 
定期報告ならトップエンジニアリングにお任せを
創業20周年のトップエンジニアリングでは施工会社ならではのメリットを生かし、建物定期報告を全て一括でお任せいただけます。
 
・営業時間に合わせ、夜間の検査も対応
・事前の準備が万端だから仕事が早い
・施工会社だから不具合の修復も迅速に対応
 
オーナー様、テナント様の状況をできる限り配慮させていただいております。
まずはお気軽にご相談ください!
 
 
無料見積依頼はこちら
有限会社トップエンジニアリング
〒579-8053
大阪府東大阪市四条町3-18
TEL.072-980-8587
1.一般土木工事
2.土木資材
3.建築検査事業
TOPへ戻る